使える派遣社員は引き抜くことも考えるべき

大手企業が最近になって頭を抱えているのが、人材不足の問題です。派遣社員などに頼りすぎているところほど、折角仕事のノウハウを覚えた人材が契約期限の関係で人材流出が起こるとなると、社員教育にそれほど力を入れたいとは思えなくなってきます。派遣社員にせよ正社員にせよ、最低限の職場ルールに適応してくれないと、能率が悪くなり、企業業績に関わってくる問題です。こんな時代だからこそしっかり働いてくれる人材の存在は貴重なのです。

自社の目に止まった派遣社員は、引き抜いて自社の正社員として迎え入れたいほど貴重な戦力です。しかし全ての派遣社員を招き入れるような余裕は、今時ではどこの会社にもそんな余裕は無いというのが正直なところでしょう。そこで重要になってくるのが人事考課です。引き抜きする派遣社員を選抜するのには、人事の適正検査がとても参考になります。本当に社員にするべきかの考案は人事考課に判断を仰ぐのが、懸命な判断といえるでしょう。

人事考課は、人材の適正を調べるノウハウというものは、いきなり身につくものではなく、これから人事考課を立ち上げたいと考えています企業にとっては苦労をするかと思います。人事考課には、外注の会社にノウハウの相談を持ちかけることも出来るで、しっかり考察できる部署を設立して欲しいと思います。