複合機は購入するよりリースがいいですね

近年のオフィスでのOA機器は、大きく変わってきており、単体の機器から複合機器へと様変わりしているのです。

家庭でもプリンターとスキャナが一体になった機器や電話機とFAXが一体になった機器などが、今までとは様変わりしています。

また、1900年後半に改定された電気通信事業法では、技術基準を満たしたし認定を受けた電話機なら、自由に電話回線に接続できるようになったことも、家庭用電話機の大きなチェンジだったといえます。

しかし、それよりもなによりも、気がつけば、公衆電話が街角から姿を消していることが、いまさらながら、ちょっと驚きです。
携帯電話の普及で公衆電話が必要なくなるのは当然と言えば当然ですが、あえて携帯電話を持たない主義の方には、不便きわまりないでしょうね。

それにしても、最近のデジタル機器の技術進歩には、目まぐるしいものがあります。
オフィスを開設する時には、OA機器を導入することになるわけですが、新品を購入するには価格面で少々無理という場合は、複合機リースを利用することになると思います。

資金に余裕があるなら別ですが、資金を調達して複合機を購入する場合は、ローンを組むか、金融機関から資金を借り入れしなければなりません。
それらのことを考えると、シンプルにリースは使いやすいかもしれません。しかも、リース代金として毎月定期的に経費で落とすことができます。

詳しいことは、複合機リースなら『コピー機ねっと!』が参考になります。

社員の士気を高めるための目標管理システムはサイダスで

社員の士気を高めるのも下げてしまうのも上司の腕次第。長年社会人として働いていると、そんな気持ちも湧いてきますね。そこで、この時代だからこそのアイテムをひとつご紹介しましょう。
http://www.cydas.co.jp/products/mbo.php
株式会社サイダスから発売されている目標管理システムMBO Editionです。このMBO Editionを導入すれば、目標管理が戦略的なものに変貌を遂げるのです。ステータスの管理、評価ツール、目標を見やすくするなど、様々なコンテンツがあり、使い勝手のある目標管理システムとなっています。

例えば、社員ひとりひとりの目標や、その目標の達成状況などをひと目で把握することができます。そのため、どのような職種、職場でも使えるものとなっているのです。

次にシステム化にすることによって、過去のデータも参考になります。過去と現在を見比べて、目標や評価などを分析することができます。だからこそ、目標をしっかりと見極めることが出来て、ただ闇雲に仕事をこなすのではなく、もっと効率よく仕事をこなしていける環境を作り出せるようになります。

週に一度、月に一度、社員全員でこの目標管理システムを軸に会議を行うのもいいかもしれませんね。
サイダスのホームページでは導入事例が紹介されています。導入する前と導入後の話はとても参考になるのではないでしょうか。

統合基幹システム「GRANDIT」

基幹システム
会社の業務を円滑にしていくために必要なことはなんだと思いますか?
製品の生産管理・在庫管理はもちろんですが、経費や資産の管理・人事給与の管理なども円滑にしていく必要があります。
これら一つでも滞ってしまうと、業務全体に影響が出ると言っても過言ではありません。
さらに支店が複数ある企業や海外に支店がある企業の場合は、各支店同士で情報を共有して管理していく必要があります。
これができない場合、A支店では製品の在庫がなくB支店では過剰在庫が出てしまうなどの不具合が出てきてしまいます。

ではこれらの業務を円滑に進めていくためにはどうしたらいいかというと…
優れた基幹システムが必要になります。
一般的にこれらの基幹システムのことを「ERP」と言います。
このERPを導入することで、それぞれの支社や部門ごとの販売・生産・在庫・人事・給与・経理の管理まで、全てをまとめて管理することができます。

優れた統合基幹システムERPを探している方は「GRANDIT」が使いやすいと評判ですよ。
GRANDITは自社のニーズに合わせて、自由に組み合わせができるERPシステムです。
さらに使いやすいと評判なのが「完全Web-ERP」ということでしょう。
特別なソフトやアップデートもいらず、必要なのはインターネットが使える環境のみ。
これなら取引先や各支社・部署との情報共有も容易にできます。

ERP・基幹業務システム・販売管理システムならGRANDIT
一度HPを見てみると商品の詳細がわかりますよ。